• TOP>>
  • ポリオレフィン

POFを使用した製品や、その他の製品も数多く手掛けております。 ポリオレフィン製品の加工の事でしたら、是非一度ご相談下さい。

ポリオレフィン素材の加工、ポリオレフィン製品の製造も承っております。 ポリオレフィン加工においては、フィルムの種類や加工条件、また製品の仕様や形状により、塩化ビニール加工とは違った手法や 工程が必要となる場合もございます。まずはお気軽にご相談下さい。

ポリオレフィン

ポリオレフィンは代表的なものでは、PE(ポリエチレン)や、PP(ポリプロピレン)などがあり、水素(H)と炭素(C)のみから構成される 高分子化合物を総称して「ポリオレフィン」と呼んでいます。 また、シートやフィルムの様な薄膜に加工されている物をPOF(ポリオレフィンフィルム)と呼びます。

ポリオレフィンの加工

ポリオレフィンは、最終的な焼却処分の場合でも、環境負荷が低い素材として注目され、需要も伸びております。 当社におきましても、ポリオレフィン製品の製作依頼は近年に増えてきていると感じています。 この様なポリオレフィンですが、加工に際してはいくつかの注意点がございます。
まず一口にPOF(ポリオレフィンフィルム)と言いましても、様々な種類があり、それぞれが色々な特性を持っています。 元来、POFの中でも代表的なPPやPEは、当社設備にあるような構造・方式の高周波ウェルダーでは、溶着適正があまり良くありません。 (少々コツが必要な場合があり、溶着出来ないという意味ではありません。) これはPPやPEといった素材に対する高周波ウェルダーの原理適正によるものです。
また可塑性の低い物においては、ある種の溶剤系液体容器などに使用されている場合もある事から分かるように、耐薬品性が高く(例外はあります)溶剤に対して溶けにくい物もあり、すなわち印刷が乗りにくく、一見問題ない様でも、使用しているうちに印刷が剥がれてしまう場合があります。可塑性が低い事から折れ目や傷などが付き易く、扱いにも注意が必要です。
製品にもよりますので一概には言えない事ですが、この様な事から、オレフィン製品は塩化ビニール製品と比較して、加工全般において、ひと手間・ひと工夫が必要になる場合が多いと言えます。
しかし一方で、高周波ウェルダーによる加工を目的とした溶着適正の良いPOFや、印刷適正を確保する為の表面処理がなされたPOFも生産されており、当社でもその様なPOFを使用した製品や、その他の製品も数多く手掛けております。
  • ポリオレフィンの加工
  • ポリオレフィンの加工
  • ポリオレフィンの加工

ポリオレフィンの製品例 他素材の製品例も見る

カードケース、名刺入れ、CDケース、ファイル、バインダー、ブックカバー、天チャック袋、ポーチ、ケース、エアーポップ、テント、パッケージ、etc… その他にも色々な製品を製作出来ます。
  • ポリオレフィン

    天チャックポーチ

  • ポリオレフィン

    調整式ブックカバー

トップに戻る